いくら

『Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ』いくらだった?

PS Store購入ページを開く
タイトルCaligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ
カテゴリ製品版
ゲーム機PS5
説明見てはいけないものほど見たくなる、してはいけないものほどしたくなる「カリギュラ効果」をタイトルの由来とし、里見直が手掛ける「偶像(アイドル)殺し」がキーワードの刺激的なシナリオと、「現代病理」を抱えたキャラクターたちを2大テーマに、独自のバトルシステムと著名コンポーザーによる楽曲が特徴の異色の学園ジュブナイルRPG。その「Caligula -カリギュラ-」にOVERDOSE(オーバードーズ)と銘打って、多くの追加要素を加えて登場。

<ストーリー>
『理想(きみ)を壊して、現実(じごく)へ帰る――』

自我が芽生えたバーチャルアイドルμ(ミュウ)が、人々の幸福のために創りだした理想の世界『メビウス』
現実で苦悩し、μの歌に強く共感した人間のみがメビウスに誘われる。
人々はメビウス内では現実の存在を忘却しており、老若男女問わず高校生となり暮らしている。
そんなメビウスにあって、ここが現実ではないと知ってしまった主人公率いる男女10人。彼らは理想の世界を捨て現実に帰るための部活動“帰宅部”を結成する。
現実に帰る方法、たとえそれが自分を救ってくれた偶像(アイドル)を殺すことだったとしても――。
  
■主人公だけが踏むこむことができるキャラクターシナリオ
メビウスで暮らす人々は皆、なんらかの理由で現実に苦悩し、囚われた者たち。彼らがひた隠しにしている現実での苦悩や秘密に踏み込むことができるのはプレイヤー(あなた)だけ。ただし、彼らが見せようとする本性に危険を感じたり、嫌悪感を覚えたなら、引き返しても構わない。彼らが抱える生々しい痛みの数々は、あなたが愛し、近付きたかった彼らのイメージを裏切ることになるかもしれない。

■帰宅部を裏切る“楽士ルート”
「Lucid」として執拗反復(オスティナート)の楽士たちと共にメビウスを守るために戦う「楽士ルート」が追加。前作では知ることができなかった彼らの心の闇にも踏み込むことができるようになる。
仲間である帰宅部を裏切り、敵に背中を預けた先にあるものは、果たして――。
信頼する仲間を裏切る、という最も『してはいけないものほどしたくなる』選択を用意。よりディープにカリギュラの世界観を楽しむことができる。

■新感覚のバトルシステム『イマジナリィチェイン』
シミュレーションの戦略性と、アクションゲームの爽快感を両立した新感覚コマンドバトル。敵味方の数秒先までの行動予測を「空想視」として可視化するバトルシステムを搭載。前作からバトルフィールド、技の発生タイミング、UIなどを調整し、さらに遊びやすくなった。また、今作ではイージーモードも搭載されており、「シナリオは気になるがRPGが苦手」という人でも気軽に楽しむことができる。

■ボカロPによる洗脳の歌が流れる異常な世界
理想の世界を守るために「帰宅部」を排除しようとする者たち「執拗反復(オスティナート)の楽士」と呼ばれる彼らは、メビウスを維持するためμに楽曲を提供し続けている。彼らの楽曲はメビウスのいたるところ聴くこととなる。楽曲を手掛けるのは、動画サイトで活躍するボカロPが手掛けている。
発売日2023/10/11
PS Store購入ページを開く